蹴球仙術

せんだいしろーによるサッカー戦術ブログ。ベガルタ仙台とともに。

【迷わずに今】Jリーグ 第17節 FC東京 vs ベガルタ仙台 (1-0)

はじめに

 さあ、いきましょうか。アウェイFC東京戦のゲーム分析。厳しい連戦を前にチームは一つの変更を加える。再び、ピッチに登場する3バック。失われかけた守備のアイデンティティを取り戻す挑戦は、また再びここから始まる。今回もゲーゲンプレスで振り返ります。では、レッツゴー。

 

目次

オリジナルフォーメーション

f:id:sendaisiro:20200922175033p:plain

 ベガルタは、「まずは守備の立て直し」の意図で3-4-2-1を採用。守備時には5バックになる形。センターバックアピアタウィア久ことQちゃんが入っている。ウィングが消えてなくなり、シャドーになったけれど、ここのオフボール時の動きが重要になる。

 FC東京は、ベガルタと違って連戦の真っただ中。メンバーもケガ人や移籍で昨季とは様変わりしている。リザーブには、永井、オリヴェイラコンビが控えていて、後半からの圧増しに構えている様子。アンカー品田には注目。ボール非保持に強みがあるFC東京のなかでは異色の選手で、ボールを持った時に違いを生み出す選手。浮き球パスに注意。

 

概念・理論、分析フレームワーク

  • 『蹴球仙術メソッド』を用いて分析。
  • 分析フレームワークは、Baldiの「チーム分析のフレームワーク」(2018)を援用して分析とする。
  • 文章の伝わりやすさから、便宜的に、『攻撃・守備』を使用。
  • ボールを奪ってからの4秒間をポジティブトランジション、ボールを奪われてからの6秒間のネガティブトランジションとしている。

ボール保持時

ウィングからシャドーへの変更で取り戻す『翼』

  ベガルタは、3バックと2CMFでM字型でビルドアップを開始する。東京の3FWが3バックに前線からプレッシングをかけ、内田、三田のインテリオールが浜崎、椎橋の2CMFに同数プレッシングをかける。そうすると、タカチョーと真瀬のWBが低めの位置に構えるので、噛み合わせ的に浮いたポジションになる。人基準に、球際と切替のところで違いを生み出したい東京。このWBへのプレッシングで、まずは強度を出したい、頑張りたい試合になった。

 ピッチ上では、中村、小川の東京両フルバックがWBへプレッシングをかけていく構図になる。こうなると、ベガルタとしては理想型で、特に右シャドーに入ったジャメが小川の背後へオフボールランを繰り出し、CB森重を広大なサイドへと誘き出すことに成功している。あとは、ジャメvs森重の勝負に勝てるかどうかの戦いになる。たださすが日本代表級CBといったところか。簡単に前を向かせてもらえず、ジャメとしてはケガから復帰してからの試合で、最も理想的な形でボールを受けていたけれど、強烈なスプリントで前進するまでは叶わなかった。

図1

f:id:sendaisiro:20200922175446p:plain
 

3-4-2-1攻撃

 連戦の影響か、セットDFの脆さか、その両方かは分からないけれど、東京陣内でのDFはCFWアダイウトンが椎橋、浜崎のCMFへのプレスバックが弱く、4-5の2ラインのみでCMFがボールを持つとブロック全体がプレッシングをかけられずピン留めされたような状態になる。選手間、ライン間も空いていることから、3FWが4バックの選手間を突くようなポジショニングして、縦パスを刺せる状況を作った。ベガルタとしては、サイドからのクロスに強さを見せる東京に対して、こうした中央を使った3線攻撃の機会を多く創りたかった。ただ、東京としても中央でのトランジション勝負には強さがあるので、サイドでリスクを減らしながらの攻撃を重視したのだと思う。

  試合途中から、左右CBもボール周辺に加わることで、ホルダーに2人、3人がサポートする形でサイドでのポゼッションを安定させた。時間が経過するなかで、東京の「ブロックも選手間、ライン間が空く問題」、「センターFWアダイウトンのプレスバック弱め問題」を突く形で、中央でボールを持つと関口、ジャメが4-5のライン間にポジショニングするようになる。ホルダーであるCMFにパスを出せる時間とスペースもあるし、間を抜けていくプレーから、間で受けるプレーでワイドに張るWBと連動して崩そうとする修正の意思を感じた。

 後半になると、WB真瀬がボールを持つとプレスをかける小川の背後を抜けるプレーよりは、前進をサポートするように寄っていった。ただし、たとえばジャメなら4-5の選手間である「廊下」を走るプレーの方が得意だし、「廊下」に立つプレーとなると、昨季までの課題が出てくる。浜崎のボールと合わないシーンもあるなど、走るのか受けるのかのアジャストが必要になりそうだ。

 

ボール非保持時

前向き守備を取り戻す

 ベガルタのセットDFは、5-2-3。ジャメ、関口の両シャドーは相手CBを基準に、縦のパスコースを切りながらプレス。長沢がアンカーをカバーする形。東京がフルバックを低い位置にして4バック化することで、両シャドーのプレッシングをCBへの縦方向とフルバックへの横方向へ分散化させた。ベガルタとしては、フルバックへのプレッシングをタカチョー、真瀬のWBに任せ、東京のWGをシマオ、Qちゃんの左右CBがマークするのが理想型。より高い位置で噛み合わせをはっきりさせて、前線からのプレッシングを機能させるのが狙い。

図2

f:id:sendaisiro:20200922175512p:plain


 東京は、4バックのビルドアップでも、右サイドで三田がインテリオール落としでCB-FB間にポジショニングする一手間を加えている。よりサイドの選手を高い位置にポジショニングさせ、前への圧をかけていく。また、左サイドでも、WGのレアンドロとインテリオールの内田がポジションチェンジをかけて、マークする浜崎とレアンドロとのミスマッチ、真瀬が左フルバック小川に高い位置でプレッシングをかけづらくさせる工夫を見せる。シンプルな形ではあるけれど、サイドの三角形のローテで、ベガルタのサイドでの守備の圧を減衰させた。 

 

考察

5-2-3守備の有効性

 もともと、4-3-3でも、4-2-3-1でも、守備時にWGやフルバックの背後をどうやってカバーするかが課題であり、その解決策として4バックでペナルティ幅を守ったり、CMFがプレスバックしたりしていた。4-2-3-1ではCMFがバックラインに入って、関口がCMFのポジションに入って瞬間的に5-4-1で対応していたことから、背後スペースのカバーの原則は5-2-3でも変わらない。5-2-3だと、WBが縦に迎撃していく背後を左右CBがカバーする形なので、より前にベクトルを向けやすい守備になる。

 また、シャドー・CMF・WBで三角形をサイドに創り出した守備も、4-3-3のセンターFW・WG・インテリオールでも見られた守備なので、ハーフラインでのプレッシングの原則も5-2-3で整理してより徹底させたのだと思う。あとはこの試合のように、相手フルバックが低めに位置する時、物理的にWBのプレッシング距離が伸びるとシャドーがプレッシングを分担することになれば、サイドの選手の体力的な面、強度面が重要になってくると思う。

 

ボール保持攻撃の課題

 1週間の時間があったなかで、オフが2日間でリカバリーをしっかり取り、守備のプレー原則をもう一度整理して意思統一していたと思うので、実際攻撃に関してはまだまだこれから仕上げていくのだと思う。守備の面での不安が無くなっていけば、攻撃へのトレーニングに重点を置いていくのだと思う。攻撃に関しては、この試合でもゲームモデル、プレー原則の修正等はおそらく無いと思う。多分。相手ブロックの選手間をオフボールランで突いていくこと、DFを誘き出して背後をオフボールランで突いていくこと、空いていないのなら広げることの基本的な原則は、3-4-2-1でも変わらないと思う。あとはウィングがインサイドになったこと、WBは基本的にサイドを1人で担当することの変化点に対してアジャストしていく作業が必要になる。

 

ズレの修正と意思統一

 チームの設計図であるゲームモデル、選手の行動指針であるプレー原則が選手の間で相互理解できていれば、フォーメーションなんてものは電話番号に化けるのだけれど、肝心の理解の時間をいかに作れるか。この試合のように、しっかりとリカバリーもできて、1週間時間があるとその理解も進むし、対戦相手用に微調整もできるように感じる。選手が入れ替わるなかで、それぞれの理解進捗やコンディションの上がり具合も違うなかで、「諦めず続けます」を再開後の前半戦でどのくらいできていたかが、今後の後半戦ともちろん来季以降にも繋がってくると思うし、効いてくると思う。ここで一度「本来チームとして求めていた守備を取り戻して、ボールを持った攻撃をどうするか」のラインまでは戻してきたと思うので、連戦で難しいなかではるのだけれど、維持しながら課題の解消を続けてほしいと思う。深化。進化。新化。神化。シン化。

 

おわりに

  FC東京は難しい日程、ケガ人を抱えるなか、やるべきことであるプレスで制限をかける、ボールを奪いきるなど、非常に強度高くきていた。攻守において切れ目なく、集中できていた印象だった。まさに、「骨の髄」まで長谷川健太のサッカーが染みこんでいる。もちろんここまでくるのに、自動販売機で100円入れて買ってきたわけではなくて、様々な試行錯誤もあったのだと思う。脳が判断するのではなく、脊髄が判断する、いや反射するなのか、この場合は。ベガルタも、まさに骨の髄に木山サッカーを注入している途中で、今の状態で言うなら、脊髄すらボロボロな状態であって。まだまだ、先の先の話なのだろうけれど、少しずつでいいから染みこませてほしいと思う。

 

「If you love life, don’t waste time, for time is what life is made up of.(人生を大事にしているなら、時間を浪費してはいけない。人生は時間の積み重ねなのだから」こう言ったのは、ブルース・リーだ。

 

参考文献

www.footballista.jp

www.footballista.jp

birdseyefc.com

spielverlagerung.com

footballhack.jp

www.footballista.jp

www.footballista.jp

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

silkyskills4beautifulfootball.blogspot.com

sendaisiro.hatenablog.com

sendaisiro.hatenablog.com

sendaisiro.hatenablog.com

sendaisiro.hatenablog.com